危険なローカーボダイエットについて

ローカーダイエット
ローカーボダイエット

最近は、20~0代の女性が多いのですが、ほとんどの人が何度もダイエットを行っています。なかでも「ローカーボダイエット」や「低糖質ダイエット」などと呼ばれるダイエットの経験者が多いことに驚かされます。イメージ的にやせるようなイメージがあるのでしょうか?

たしかに、炭水化物の摂取を制限するだけで、動物性のたんぱく質の肉や魚は食べてもよいので、「食べない」ダイエットに比べればストレスも少ないのかもしれません。いまでもこれらは根強い人気があります。

ただし、常習性便秘症の方が、炭水化物の摂取を控えるダイエットを行うと、食物繊維が不足がちになり、ますます便秘の症状が悪化しかねません。その結果、便秘薬や下剤の服用量が増えてしまい、症状はさらに悪化してしまいます。こうした悪循環に陥ってしまった方々を数多くいます。

低炭水化物ダイエットの危険性はこれだけではりませんこの方法を長期にわたって続けると、心筋梗塞や脳卒中になる危険性が高まるのです。

ハーバード大学などのグループが英国医学誌に発表した内容は以下の通りです。1991~1992年に、スウェーデンの30歳~49歳の女性4万人以上の食生活を調査し、その後の平均約16年間、心筋梗塞や脳卒中などの発症を追跡調査したものです。

その結果、一般的に炭水化物を制限する食事は、高たんばくになりがちで、この低炭水化物で高たんばくのグループでは、そうでないグループに比べて心筋梗塞や脳卒中などの発症の危険性が最大1.6倍にもなつたことがわかりました。炭水化物、つまり糖質を摂らない食生活は、「食べない」ダイエットと同様に、炭水化物を分解して得られるグルコースという筋肉を動かすために必要な物質を使わなくなる、つまりやせにくい体質に変化する可能性もあります。

健康のためにダイエットにチャレンジする際は、とくに便秘など腸の不調のある方は、安易に新しいダイエット法に飛びつかずに、体に与える影響などをよく理解してから、取り組むのが無難です。

流行の少食、断食などが及ぼす悪影響

断食で野菜ジュースで食事がわり
断食で野菜ジュースで食事がわり

健康を気づかう男性にもまた、熱心にダイエットに取り組む人が急増しています。
その一方、はじめは勢いよくダイエットを始めても途中で挫折してしまう人が後を絶たないのもダイエットの宿命といえるかもしれません。

それはその人の意志だけでなく、方法そのものに問題があるケースも少なくないのも原因です。たとえば、最近では、朝食を抜くなど、食事の回数や食べる量を極端に減らすダイエット法が注目されています。1日2食ダイエットです。

「食べない」というわかりやすさが受けたのかもしれませんが、腸の面から見ると、この方法の問題はまさしくその「食べない」という点にあります。
食べないことで、少ないカロリーでも生命が維持できるよう、私たちの体はエネルギー消費の多い筋肉を減らそうとしてしまいます。
すると、一時的にやせることはあるかもしれませんが、しだいにカロリーを消費しにくい、やせにくい体になってしまうばかりか、体や腸が冷えやすい体質になってしまいます。病気への抵抗力も落ちていきます。体の免疫力そのものが低下してしまうのです。

そして、腸にとって何より問題なのが、便になる内容物そのものが不足してしまい、スムーズな消化・吸収・排泄というサイクルが機能しなくなってしまうことです。適度な食事量と運動によって、腸を「温め」「動かす」こと。これこそが、ダイエットだけでなく、私たちの健康を維持するための基本なのです。

もちろん食べ過ぎも腸には悪影響ですから、これまで食べ過ぎていた人には、一時的には少食、断食などが効果を発揮することもあるかもしれません。しかし、継続していくと腸は調子を悪くしてしまうのです。

日本人の腸はどうなってしまったのだろう

腸の変化
腸の変化

腸の病気は年々若年化していることや腸ストレスが増大していることだけを見ても、日本人の腸が大きく変化しているのは間違いありませんし、さらにいえば、そのことが腸だけでなく、日本人の健康に大きな影響を及ぼしているのではないかと考えられるのです。

なぜなら、腸は私たちの健康をつかさどる「中心的な器官」だからです。小腸と大腸からなる腸の役割で、すぐに思いつくのが「消化・吸収」ではないでしょうか。
胃でその一部が消化された食べ物は、まずは小腸でさらに消化・吸収され、大腸は主にその老廃物を排泄する役目を担っています。
しかし腸の重要な役割は、それだけではありません。「腸は人体最大の免疫器官」といわれるように、腸には私たちの健康にとって大変重要な「免疫機能」があるのです。
体内に侵入してきた細菌やウイルス、あるいは日々発生するがん細胞などを攻撃し、病気を防いでくれるリンパ球の約6割が、実は小腸に存在しているのです。

腸内環境の悪化が、私たちの健康をつかさどる免疫機能に悪影響を及ぼすということです。このように、腸は私たちの健康にとって大変重要な器官です。だからこそ、ほかの臓器や器官以上に、「腸」の健康を守るための対策を講じる必要があるのです。
なかでも最も重要だと考えるのは「食べ物」です。

日本人の腸内環境の悪化は、食生活の悪化によるものが大きいと考えられるからです。昨今の健康ブームによって、体によいとされる食べ物、悪いとされる食べ物に関する情報が乱れ飛んでいます。それらのなかには、必ずしも健康によい影響を与えるとは限らない情報も多く見られます。

流行りの健康食を摂りすぎたために、かえって腸の状態を悪くしてしまった方が非常に増えています。ここではまず、本当に体によいと思われている健康食情報の「腸にとっての真実″」を紹介したいと思います。

腸の病気は年々若年化している

40~50代
40~50代

腸の病気が若年化しているのは、大腸がん患者の増大を見れば誰でもすぐにわかります。大腸がんの雁息率は一般的には、50 代から上昇し始め、高齢になるほど高くなります。

しかし、1970年代には40 代の患者数はごくわずかでしたが、近頃ではそれほど珍しいものではなくなってしまいました。
また、ポリープのなかでも最もがん化しやすいとされる腺腫性のポリープの多くはS状結腸や直腸にできやすく、発症頻度は比較的高いほうで、50~60代では約3割の人に見つかります。

こちらも最近では若い人の発生率が高くなっており、40代でもその確率は以前に比べて高くなっています。ポリープが必ずがんになるというわけではありませんが、そのポリープが便のたまるS状結腸や直腸にできやすいという事実から、医師の多くは便秘と大腸がんには何らかの関連があるのではないかと考えています。

大腸がんの発生部位で最も多いのが直腸がんで約4割です 。それに続くのが、直腸の手前にあるS状結腸で約3割です。直腸は、腸による消化・吸収の最終地点として、食べたものに含まれる添加物などのがん化促進物質が、最も濃縮された状態で下りてくる場所です。

よって、便秘になることで、それらの内容物が直腸に長くとどまってしまうことが、大腸がん発症の要因のひとつになっているのではないかと考えられるのです。
直腸の手前にあるS状結腸でがんが多く見つかるのも、同様の要因によるものだろうと推測されます。以前は少なかった大腸がんの発生数がこれだけ増えたのは、日本人の腸内環境の悪化がからんでいることは間違いないでしょう。

大腸がんは2003年以降、女性のがん死因の第1位を占めています(男性は3位。ちなみに、平成10年の「国民生活基礎調査」では便秘であると回答した人は、人口1000人あたり女性46.7人、男性で18.6人でしたが、平成2年の同調査では女性で50.6人、男性で24.7人と、その数は増加傾向にあることがわかります。

さらに、潰瘍性大腸炎やクローン病といった腸の疾患も増えています。潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症を起こす病気で、びらんや潰瘍などが直腸から連続して結腸まで発生し、症状としては下痢や下血、腹痛、発熱などが見られます。
重症例で10年以上経過すると、大腸がんのリスクが高まってきます。クローン病は、食道から胃、小腸、大腸、肛門までの消化管全体に炎症が多発したり、潰瘍ができたりするのが特徴です。
腹痛、下痢、下血、発熱、体重減少などの自覚症状を伴い、治療がやや困難な病気です。いずれも、1980年代の日本ではほとんど見られない疾患でした。ところが、食生活が欧米化(正しくは、北欧米化) するにつれて、これらの患者数が増加したことは確かです。
現在、クローン病の患者は約2万8000人、潰瘍性大腸炎ではなんと約13万人いると推定されています。
関連情報:

健康ブームとは逆行して腸のストレスは増大している

健康ブーム
健康ブーム

最近の日本の天気は少しおかしいと感じている人は多いはずです。これも温暖化の影響なのでしょうか。暑い夏が長く続くと思ったら、秋を通り越して一気に冬になったりします。夏の間の集中豪雨もちょっと異常で家が流されるほどのすごい量の雨が短期間で降ったりします。冬も昨日は、マイナスだったのに今日は、春並みのお天気だといって15度を超えたりしています。

そんな季節の傾向が、このところよく見られます。そのため腸が急激な気温変化についていけず、冷えて動きが停滞するために便秘などに悩まされる人が増えています。

夏は夏で、猛暑なのでずっとクーラーの利いた部屋にいるために、冷えを訴え、腸の不調に悩まされる人が急増しています。日本人の腸が大きなストレスにさらされていると警鐘を鳴らしている専門家もいます。日本人の腸ストレスは、ますます悪化してきているのです。

つい30年~40年前には、大腸内視鏡検査を実施できる病院はまだあまりありませんでした。それは、大腸の病気がそれほど多くなかったからということです。
医師のほうでもとりあえず胃の内視鏡検査ができればよしとされていました。しかし現在では、その事情は大きく変化し、大腸内内査の重要性が急激に高まっています。それは胃の病気よりも大腸の病気の増加が深刻になってきたからということです。

いかに現代の日本人の多くが、腸ストレスにさらされているかがわかります。高度経済成長期以降、日本は食事の面でも大変豊かになりました。
しかし、そんな飽食の時代は、生活習慣病をはじめとするさまざまな深刻な病気の原因にもなっているのです。
そんな状況からか、近年人々の健康の意識は高まっています。次々に現れては消え去る健康ブームはその象徴といっていいでしょう。
ひとたびある栄養素ががんを予防すると話題になれば、その成分を含む食品が品切れになるほど、私たちは健康の維持に熱心であるといえます。
しかし、はたしてそうした努力は、成果を果たしているでしょうか?私たちは相変わらずさまざまな病気に悩まされ続け、平均寿命も男女とも世界一の座を転げ落ちてしまいました。こんなにたくさんの健康食品が溢れているのに健康とは逆行しているとも言えるかもしれません。たくさんの健康食品の中でどれがいいのかもわからないのが現状です。

腸の不調を訴える人が増える一方であるという事実もあります。

腸のストレスを一掃する方法