腸内フローラが元気の素、善玉菌がカギ

大切なパートナーとうまくつき合っていくには、まずは相手のことをよく知らなくてはなりません。

ここでは、腸内細菌がどこに棲んでどんな仕事をしているのか、その素顔を紹介していくことにしましょう。

腸内フローラ

腸内フローラ

わたしたちのおなかのなかには、5万種類以上、1000兆個以上の腸内細菌が棲息しています。数年前までは培養できる菌で約100種類、100兆個といわれていたのですが、遺伝子のメタゲノム解析が進んでこれまで培養できなかった菌の存在もつかめるようになった結果、500倍以上の種類、10倍以上の数の腸内細菌が棲んでいることがわかったのです。

たぶん1000兆個といわれてもピンと来ないかもしれませんが、人間の体は約60兆個の相場で成り立っているのです。1000兆個は60兆個の約16倍。体を構成する全細胞の16倍もの菌が腸内に集中している様子を想像してみてください。いかにものすごい数であるかがわかるのではないでしょうか。

これら1000兆個以上のパートナーたちが棲んでいるのは、小腸の下部から大腸全般にかけてです。多種多様な菌がびっしりとひしめき合いながら織りなしている様子は、まさに広大なお花畑( フローラ) のようであり、「腸内フローラ」と呼ばれています。

この腸内フローラは、腸内細菌たちが住み込みで働いている工場のような存在といえるでしょう。わたしたちのパートナーは、お花畑に住んで、その畑の工場で仕事をしているわけです。そう考えると、なんだかファンシーな感じですね。

では、このお花畑で腸内細菌はどんな仕事をしているのか。主な仕事内容を挙げてみましょう。

  • 食べ物の消化・吸収と排泄物の形成
  • 免疫機能の維持
  • 有害物質の排除
  • 各種ビタミンの合成( ビタミンB 群、ビタミンC、ビタミンK など)
  • ホルモンの合成
  • 幸せ物質( セロトニン、ドーパミン) の前駆体の合成
  • 腸の嬬動運動の促進

ここで重要なポイントとして知っておいていただきたいのは、腸内フローラの工場において腸内細菌たちの行っている仕事の調子の善しあしが、わたしたちの心身の調子の善しあしに直結してくるという点です。

たとえば、腸内細菌の調子が悪く、ろくに仕事をしていないような状態が続くと、がん、アレルギー、糖尿病、感染症などの病気にかかりやすくなります。

また、太ったりシワができたりして、見た目の老化が進みやすくなります。さらに、不調は精神面にも影響し、幸せやよろこびを感じにくくなり、うつ病や認知症などにかかりやすくなることもわかっています。

難治のうつやアルツハイマーなども腸を元気にすることで治るケースがたくさんある

逆に、腸内細菌の調子がよく、先に挙げた仕事が日々きっちりとこなされていれば、さまざまな病気にかかりにくくなり、美容面でも好調をキープでき、精神的にも明るくすこやかな日々を送れるようになっていくのです。

要するに、腸内フローラは「健康をつくっている工場」のようなもの。病気になるかならないかも、キレイでいられるかどうかも、幸せな気持ちでいられるかどうかも、腸内フローラ工場において腸内細菌という作業員たちがどれだけ調子よく仕事をするかで違ってくるわけです。

みなさん、腸内一面に広がる「お花畑の工場」で1000兆の腸内細菌作業員たちが毎日せっせと働いている様子をイメージしてみてください。腸内細菌は種類やグループごとに棲み分けられていて、仕事の役割分担がだいたい決められているようです。

ある者は食べ物を分解し、ある者はうんちを固め、ある者はホルモンを合成し、ある者はセロトニンのもとをつくるといったように、工場内のいろいろなセクションで作業が行われている。

1000兆の作業員ひとりひとりが自分の役割を果たし、腸内フローラという工場を動かしているのです。そして、わたしたちの心と体の健康は、彼らが工場においてどれだけ気持ちよく仕事をできるか、彼らが工場の生産性をどれだけ上げられるかにかかっているわけです。

善玉元気 フローラ健康科学研究所の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス | 便秘を解消しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください