投稿者「heatup」のアーカイブ

りんご 腸ストレスに役立つデザート

りんご 腸ストレスに役立つデザート です。食生活に気を配るのは腸ストレスを解消するための基本中の基本ですが、やっぱり食事は楽しく、おいしく、というのも大切な要素に違いありません。楽しく、おいしく食べた方が栄養もしっかり吸収されるでしょう。

りんご 腸ストレスに役立つデザート

りんご 腸ストレスに役立つデザート

いくら腸によい食事であっても味気なかったり、見た目もよくない、そして何より食べる楽しみがなくなるようなことは避けたいと考えています。アルコールやデザートに関してもできる限り工夫して、絶対禁止! というふうにはしたくないと考えています。

特に女性はデザートが大好きですし、人によってはストレス解消になる方もいると思います。そこでデザートも食べたいが、腸によいデザートは何でしょうか? それは、りんごを使ったデザートです。

りんご は、ペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維が豊富に含まれています。また不溶性食物繊維も多く、りんご 1 個で食物繊維のバランスが取れているのです。

そしてりんごのペクチンは、解毒作用もあり腸をキレイにしてくれる働きがあります。さらに他のフルーツに比べカロリーも控えめなのがうれしいところです。

腸内環境を整え免疫力向上、便秘、ガン、糖尿病、アトピーを防ぐ リンゴ は万能薬

りんご のペクチンは加熱することでパワーアップします。それがりんごのデザートを選ぶポイントです。外で食べるのであれば、アップルパイ、りんごのタルトなどがおすすめです。

家でりんごをデザート感覚で食べるのであれば、焼きりんごがおすすめです。オーブンにまかせっきりの作り方もありますが、鍋やフライパンでも作れます。またりんごの皮にべクチンが多く含まれているので、皮ごと調理したものがおすすめです。

天寿りんご黒酢 おなかの調子を良好に保つ調味酢 は、坂元醸造の「天寿りんご黒酢」は、鹿児島の伝統的な製法「つぼつくり」でつくった黒酢をベースに、ガラクトオリゴ糖、ビタミンC、リンゴ果汁を配合し、おいしく仕上げた調味酢です。

腸ストレスをとりさる食べ方

野菜の色はレッドとグリーンがポイント

野菜中心の食生活は、身体にもよくヘルシーといわれています。そこで特に腸の健康を助ける野菜は何か? と聞かれたら、色は赤と緑の野菜です。

まず赤い野菜とは、にんじん、トマト、パプリカなどに代表されますが、ビタミンC、ビタミンE、そしてカロテノイド(色素)などの抗酸化成分が豊富です。特にビタミンCは、腸の嬬動運動を活発にして、便を軟らかくしたり、ストレスを緩和するホルモンを作る材料になったりと、トータルに見て腸内環境を整えるのには必須です。

ビタミンは善玉菌の環境係(ビタミン)

またビタミンEやカロテノイドは、体内の活性酸素を除去して、免疫力アップに効果があります。そして緑の野菜は、ほううれん草、ピーマン、ブロッコリー、小松菜など種類も豊富です。

赤い野菜と同様に、ビタミンC・ビタミンE、カロテノイド類などが多く含まれています。また緑の野菜に共通する成分である葉酸は血管を保護する効果もあります。調理漆ですが、ビタミンCを多く含む、はうれん草、パプリカなどの野菜は熟によってビタミンC が壊れてしまうので、手早く調理するのがおすすめです。ただ汁ごと食べられるようなメニュー、例えばスープやカレーなどは、煮込んでしまってもOKです。

またビタミンC は、カルシウムやマグネシウムを多く含む食材と一緒に摂ることで効果もアップします。意外と知られていませんが、ビタミンCは、人間が強いストレスを受けると大量に消費されてしまいます。ストレスを受けやすい人は、意識して摂ることがおすすめです。

ビタミンCを多く含む食品

また果物も赤と緑に注目です。やはりビタミンCを含み、抗酸化作用があります。赤ならいちご、緑ならキウイフルーツはおすすめです。

特にいちごは、5粒で1日分のビタミンCを補ってくれるので、腸の健康にはおすすめです。腸の抗酸化にも一役買います。キウイフルーツは、約2分の1個(100 g)で1日に必要なビタミンCの8割程度を摂取できます。

さらに抗酸化作用に効果があるというファイトケミカルのクロロフィルを豊富に含んでいます。しかしファイトケミカルは、植物の細胞を壊さないと効率よく摂れないという性質があるため、フルーツ類はミキサーにかけてジュースやソースなどにするのがおすすめです。

特にビタミンC は、朝の摂取が効果的です。野菜・フルーツジュースを朝の習慣にしてみるのもおすすめです。これらの野菜は、腸寿の敵でもある腸の酸化ストレスを解消してくれるとても大切な食材です。

腸内環境を整える際に欠かすことのできない「油」について

最近は、オリーブオイルが腸ストレス解消に欠かすことができないことが分かってきましたが、腸内環境を整えるためには一番大事なのは食生活です。腸内環境を整える食材や、腸の動きを活発にする食材の選び方は、腸内環境を整える際にとっては避けることができません。

食生活の中で注意点がひとつあります。それは油です。

エクストラバージンオリーブオイルが大事ですが、油の知識は大変重要です。なぜなら腸によい油、よくない油があるからなのです。

腸によくない油の代表格は、n-6系の脂肪酸(紅花油、ひまわり油、コーン油など) です。これはリノール酸に代表される脂肪酸の総称ですが、リノール酸は、お菓子やマーガリンなどに多く含まれる脂質です。

最近は特にこのn-6系の油が体内の代謝の過程で生み出す生理活性物質「プロスタグランジンE2」が、がん化を促進するのではないかと考えられています。

実は、.ひと昔前にはリノール酸は、脂質異常症(高脂血症)や動脈硬化の予防によいといわれていたのです。そして1980年代にもリノール酸には、コレステロール値を下げる効果やアテローム(血管の内皮にできる脂肪の塊)を予防する作用があることが報告されて注目が集まったのです。

しかしその後の研究で、リノール酸は体内に必要不可欠であるものの、悪玉コレステロールを低下させると同時に善玉コレステロールも減らすという弊害があることがわかってきたのです。またリノール酸が、アレルギーや炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)の引き金になっているという指摘もされています。

腸内環境を改善する際には、リノール酸はなるべく控えることをおすすめします。香りづけなどに使用されるごま油もリノール酸が多いので、使いすぎには注意なければいけません。

これに対してn-9系は、健康によい油として注目されていて、代表格はオレイン酸を含むオリーブオイルです。他の油の代わりにオリーブオイルを摂ると、悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールは下げないといわれています。

さらにヤシ油などに含まれる中鎖脂肪酸。これは消化・吸収しやすく、体内に溜まりにくい脂肪酸です。油は身体に必要な栄養素です。その選び方、使い方によっては腸内環境を整備する働きもあるのです。腸内環境の味方にもなる存在ですので賢く摂るように心がけてください。

油の大切さを理解しないまま、油抜きダイエットや低脂肪ダイエットなどは逆に腸のストレスを増大させてしまい、かえって太ってしまうこともあります。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について